Qicycleを改造してアシスト最高速度を29km/hに変更してみた

Qicycleを改造してアシスト最高速度を29km/hに変更してみた
やきいも
加速がはんぱない!
Qicycleが日本で発売される前に安く購入する記事を書きましたが、今回はアシスト最高速度を変更する方法を記載します。前の記事で書いた通り、通常20km/hまたは25km/hまでしかアシストが効きませんが、これを29km/hに変更できるんです。

注意点

  • 改造に使用するアプリはAndroid用しかありません。
  • 使用するROMは非公式なので自己責任でお願いします。いかなる損害についても責任を負いません。
  • ROMはアップ/ダウングレードどちらも可能です。
  • 日本の電動自転車の基準を満たさないため原動機付自転車または自動車扱いとなります。公道で運転はできません。

改造手順

1. QiCYCLE (no oficial)をPlayストアからスマホにインストールします。
2. アプリを起動したら左上の「三」をタップしてメニューを表示し、赤枠部分をタップしてGoogleアカウントでログインすると、アカウントアイコンが表示されます。

3. メニューを閉じ、画面右下の「+」をクリックしてQRコード読み取り画面を起動し、QiCycleのQRコードを読み取ってください。
4. 画面上に読み取ったQiCycleが表示されるので、その項目をタップします。画面下のメニューからOthers(一番右のスマホアイコン)を選択してください。
5. 以下の画面が表示されるので「Motor」の項目が005-017-000である事を確認し、画面右下のボタンをタップします。
※もしMotorのバージョンが異なる場合は、公式アプリでアップデートしてください。

6. ダイアログが表示されるので、左のメニューから「Custom MC」、右のメニューから「MC_005019000_CF.bin」を選択し、右下の「ACCEPT」ボタンをタップします。

7. 一番左の画面が表示されますので、画面右下の「↑」ボタンをタップします。ダイアログが表示されるのでYESをタップするとファイルのダウンロードが開始します。完了するとダイアログが表示されるので、OKをタップして閉じます。
※ダウンロード中にエラーが表示される場合は一度アプリを終了して、手順4からやり直してください。ダウンロードは前回の途中からになるはずです。

8. QiCycleの液晶画面に更新確認画面が表示されるので「是」を選択します。升級成功と表示されたら完了です。

走行してみた感想

改造後に11kmほど走ってみたのですが29km/hはかなり早いですね。元々ある4段階のアシストモードは有効なようで「加強」では29km/hまでアシストされますが「健身」では今まで通りの重さでした。

バッテリーの減り具合は11km走行後で100%⇒70%まで減少していました。ということはフル充電で約35km走行できそうなので十分ではないでしょうか。バッテリー消費はもっと早くなるかと思っていましたが、案外持ちますね。バッテリー残量が減るとアシスト最高速度は29km/hを下回ると参考サイトに記載されていましたが、70%の段階まではそのような感じはしませんでした。

最後に

バックライト点滅モード追加や日本語化ROMなどあったらいいな。また何かあれば記事を書きますね。

LINE@始めました!

LINE@ではブログに載せていない情報を流してます!
格安SIMの契約、スマホ購入、個人輸入などIT関連のご質問や
BitClubでのマイニング投資なども気軽にご相談ください。

ガジェットカテゴリの最新記事