【19/04/01 修正】ドラッグでタブ移動も可能!Firefox66.0.1の多段タブ設定方法について

【19/04/01 修正】ドラッグでタブ移動も可能!Firefox66.0.1の多段タブ設定方法について

Firefox Quantumになって高速化されたのはいいのですが、
便利なアドオンが使えなくなって結果的に不便になりましたよね。

特に大きいのは「Tab Mix Plus」が使えなくなって、
タブの多段表示が出来なくなったことです。

多段タブにする方法を検索するとuserChrome.cssを配置して
実現する方法がたくさん出てきます。
でもやってみると分かりますが結構不具合があるんですよね。

  • タブを移動するとドロップした位置に配置されない
    ※特に2段目以降のタブを移動すると、全て1段目に移動される
  • UIの配置が崩れる(最大/最小化、閉じるボタンがツールバーに被さるなど)

今回は上記のような不具合が解消されたツールを見つけましたので、導入方法を記載します。
2018/08/26時点のFirefox最新版(61.0.2)で動作確認済みです。
2019/01/27時点のFirefox最新版(64.0.3)で動作確認済みです。
2019/02/04時点のFirefox最新版(65.0)で動作確認済みです。
2019/03/23時点のFirefox最新版(66.0.1)で動作確認済みです。

導入方法

プロファイルフォルダ(chrome)を開く

Firefoxのアドレス入力欄に「about:support」と入力してください。
以下の画面が表示されるので、赤枠の「フォルダーを開く」ボタンを押しましょう。

多段タブツールの配置

こちらのページからchrome.zipをダウンロードします。
それを先ほど開いたプロファイルフォルダにコピーしてください。
※ダークモードテーマ用のファイルも入っているので、不要な方は消去してください。

Firefoxを再起動すれば完了です!

カスタマイズ

タブの固定・可変を変更する

導入が終わった状態ではタブ幅が固定(100px)になっています。
個人的にはタブ数によって位置が動かないので使いやすいです。

タブ幅の変更や可変にしたい場合は、先ほど配置したMultiRowTabLiteforFx.uc.js内の以下の行を変更してください。

// タブ幅を変更する場合は、以下の100pxを変更してください。
–min-tab-width: 100px;

// タブ幅を可変にする場合は以下の値1に変更してください。
–tab-growth: 0}

ダークモードを解除する

導入が終わった状態ではダークモードになっています。
解除するには、以下2点の対応を実施してください。
userChrome.cssの「/* COLORING PART STARTS HERE */」以下を全て消去
userChrome.xmlの以下4行をコメントアウト

else if(/\.as\.css$/i.test(file.leafName)) {
if(!sss.sheetRegistered(fileURI, sss.AGENT_SHEET))
sss.loadAndRegisterSheet(fileURI, sss.AGENT_SHEET);
}

// 以下のようにコメントアウトしてください

//else if(/\.as\.css$/i.test(file.leafName)) {
// if(!sss.sheetRegistered(fileURI, sss.AGENT_SHEET))
// sss.loadAndRegisterSheet(fileURI, sss.AGENT_SHEET);
//}

タブをスクロールさせる

ダウンロードしたchromeフォルダ内のファイル名を以下のように変更してください。
_MultiRowTab-scrollable.ucの先頭にある「_」を消去
MultiRowTabLiteforFx.ucの先頭に「_」を追加

最後に

後で見たいサイトやリンクを一通り開いてまとめて読みたい時など
タブで開いておくと便利なのですが、多段表示できないと見にくいですよね。

多段タブを試したことが無い方もぜひ導入してみてください。
便利すぎて手放せなくなるはずです!

LINE@始めました!

LINE@ではブログに載せていない情報を流してます!
格安SIMの契約、スマホ購入、個人輸入などIT関連のご質問や
BitClubでのマイニング投資なども気軽にご相談ください。

雑記カテゴリの最新記事