就職・転職時に絶対確認しておいた方がいい5つのこと

就職・転職時に絶対確認しておいた方がいい5つのこと

実際に就職・転職してみないと、その企業の良し悪しって分からないですよね。
でも入社してから後悔するのは嫌だし、出来たら事前に知りたい!

ということで、私が入社前に確認しておいて良かった!と思う事を書きます。
新しい環境に飛び込もうとしている人の助けになれば幸いです。

会社の口コミはどういう内容が書かれているか

ちなみに5chみたいな掲示板で調べるのはあまり意味ないです。
私がよく見ていたのはVOKERSというサイトですね。

在職または退職した人が口コミを書いているので、結構当たっていることが多い印象です。
年収など数値で書かれている事はそのまま受け取ればいいのですが、それ以外に関しては注意してください。
組織体制・企業文化や入社後のギャップなどは、会社が悪いのか、書き込んだ社員が悪いのか微妙だからです。

判断するポイント
・その指摘が複数人からされているか
・口コミを書いている人が愚痴ではなく、建設的な意見を書いているか

この点に気を付ければ、大体のことは当たっていると思います。

企業側が自分に何を求めているか

どういう社員を求めているか面接で聞いておいてください。

それに自分が添えるかどうか、というより自分のしたいこととズレていないかを確認するためです。
入社してからお互い不幸になるので、自分の得意なことを生かせる場所なのか見極めてください。

同じものを楽しいと感じる人がいるか

何にやりがいを感じて仕事をしているか、面接官や現場の社員に聞いてみてください。
同じ業種であっても、そこが自分と異なると結構しんどいです。

例えばミュージシャンとして事務所に所属する場合
①ロックのみをとことん演奏する。
②ファンが望む曲を柔軟に演奏する。
演奏するのは同じですが、目指すところが違います。
自分が何のために働こうとしているのかよく考えて、合致しているか判断してください。

オフィス内の雰囲気が合うかどうか

これは正直難しいですが、社員の方がどんな感じで仕事をしているか実際に見せてもらいましょう。
会社側から案内されることもありますが、なければ自分から見せてもらえるよう頼んでください。

人や雰囲気以外にもPCやデスクなどの環境や、長々と会議してないかなど、自分が働くことをシミュレーションしながら見て回ると良いかと思います。

本当にその業界で働きたいか

職種は1つに絞らずに、気になるものはとりあえず受けたほうが良かったです。
よく知らないだけで、実際に話を聞いて見学させてもらえば、考えが変わることもありますよ。

出来る事とやりたい事が違う場合もあります。
未経験だと躊躇する気持ちは分かりますが、無理なら落とされるだけなので怖がらずに受けましょう。

オススメの就職・転職サイト

リクナビNEXT

一般企業を調べる際にメインで使用していました。

最初に自分の情報をきちんと入力しておくと、企業側からオファーが届きます。
自分で調べきれなかった企業も見られるので、ぜひ活用してください。

リクルートエージェント

このサイトも一般企業を調べる際に使用していました。
リクナビNEXTと併用しておけば、色々な企業を検索したり、オファーを貰えたりするので登録をお勧めします。

キャリアアドバイザーと面談して転職サポートを受けられますが、特に重要ではありません。
リクナビNEXTも同一のサービスがありますが、自分1人で進めるのが不安なら利用すると良いかと思います。

レバテックキャリア

レバテックはフリーランスのエージェントもやっている企業です。
先述のサイトと特に変わりはありませんが、幅を広げるために登録しました。

フリーランスに興味がある方はレバテックやギークスで調べてみてください。

Wantedly

Wantedlyはベンチャー企業がとても多いサイトです。
面接も一般企業とは異なり、初回は気軽に企業訪問、その後に面接という流れがほとんどです。

面接と言っても堅苦しい感じがなく、やりたい事など気軽に話せる雰囲気の企業が多かったですね。

最後に

いかがだったでしょうか?

自分はこんなことも気を付けたよ」「これやってなかった!

などあればコメントに書いていただけると嬉しいです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

LINE@始めました!

LINE@ではブログに載せていない情報を流してます!
格安SIMの契約、スマホ購入、個人輸入などIT関連のご質問や
BitClubでのマイニング投資なども気軽にご相談ください。

雑記カテゴリの最新記事