自殺は自己責任という表現について

自殺は自己責任という表現について
やきいも
人の悪いところばっか探してると不幸になるよ。

やきいもです。先日、田端さんの高プロ関連のツイートが炎上してました。炎上も、意味のある話し合いならいいのですが
「自己責任!?死んだ人が悪い!?頭おかしい!ZOZO最悪!」みたいな考えの人は疲れないんですかね。

メンタリストDaiGoさんが以下のような事をライブ配信で言っていました。
・人を批判すると、自分が何かを始めようとしたとき同じように叩かれる
・人の不幸が好きな人はネガティブな事象に反応する速度が速く、自分も不幸になる

同僚と上司の愚痴を言っていた時は仲間だったのに、昇進したら自分が悪口の対象になった、なんていうのはよく聞く話です。良いことは何もないのでやめましょう。
ちなみにライブ配信はすごくいい内容なので良かったら見てみてください。

話を戻して自殺は自己責任という発言について私の意見を書きたいと思います。

「自殺は自己責任」の意味は?

リプライが多すぎるので、弁護士の嶋﨑量さんとのやり取りを抜粋しました。
意見の相違はありますが、「労働者」と「労働者を守る弁護士」という異なる視点で話しているので仕方ないのかなと思います。

労働者の私が感じたのは、以下の方々と同意見です。

自分を守る事の大切さ

田端さんも「今後、起こり得る過労死を減らすためには、働く側が自分の身は自分で守る気概を持たないと!!」と仰っていますが、本当にその通りだと思います。
私の同僚が自殺をしたとき、周りの社員は何一つ変わりなく仕事をしていましたよ。飲みに行くと残業時間やパワハラについて愚痴を言っているのに、人が亡くなっても何も無かったかのように働いてました。

その光景がすごく気持ち悪かったのを今でも覚えています。会社が原因かは分からなくとも、退職者の増加や長時間労働、パワハラに対して何か思うところはないのかなと。
数人が辞めても会社は何も変わりません。
実際、私の勤めていた会社は人員配置などを見直しはしましたが、職場環境は何も変わってないそうです。

実体験を通して感じること

私が8年間会社員としてやってきて思うことを書きます。あくまでも私個人の意見です。

自分が一番大切

退職記事でも書きましたが、私は自分を一番に考えて退職しました。
長時間労働による体力低下で、1週間熱が下がらないって危なくないですか?そのまま働いていたら倒れていたかもしれません。
楽しいことが分からないって悲しくないですか?何のために生きてるのか分かりません。仕事をするだけの人生なら機械にもできますからね。
自分の事を一番大切にして、何がしたいのか真剣に考えて向き合うべきです。

自分自身もそうですが、周りにいる大切な人も仕事を言い訳にせず大切にすべきです。
仕事があるから無理。仕事があるから分かってほしい。私も言っていましたが、これは理由にはなりません。
相手からしたら「大切にしてくれなかった」という結果が残るだけです。
一見他人のために思うかもしれませんが、最終的には自分が幸せに生きるために必要なことです。大切にしてあげてください。

会社は守ってくれない

「私が抜けたら現場が困る」「自分が頑張らないと迷惑がかかる」とか思うこともあると思います。
私はそんなとき、社員が辞めた後の職場を観察してました。
困るのは精々1,2ヶ月で、少し経ったら同じようなスキルを持った人が入ってきます。
代わりのいる人材を手厚く守ってくれるはずはないので、嫌なら辞める以外ないと分かりました。

他人を変えるのは難しい

不良の溜まり場があって、行ったら殴られると分かってるのに何度も行く人いないですよね?
もちろん人を殴るのが悪いのですが「人を殴ってはいけません!」と言って聞いてくれたら世話ないんです。

職場環境も同じで過労死が起きるような会社が悪いんですよ。でも他人の集合である会社を変えるより、嫌なものから距離を置く(辞める)方が簡単じゃないでしょうか?
負けたような気もしますがそんなことはない、賢い選択だと思って辞めましょう。

最後に

すごくいいツイートがあったので共有します。


「辞める練習」という表現は面白いですね。確かに私も会社を辞めてメリット・デメリットを経験したからこそ怖くなくなりました。
やるまでは分からないから怖いけど、経験してしまえば大したことないですね。
もう大人になってしまいましたが、怖がらずに選択することを選んでいきます。

LINE@始めました!

LINE@ではブログに載せていない情報を流してます!
格安SIMの契約、スマホ購入、個人輸入などIT関連のご質問や
BitClubでのマイニング投資なども気軽にご相談ください。

雑記カテゴリの最新記事